yakudachi

産婦人科でつけていた育児記録をそのまま更新しています。夜中などは妻だけでなく、僕もミルクを与えたりオムツを替えたりするので、これがあると引き継ぎに役立ちます。

退院した際に産婦人科からプレゼントされたものですが、簡単にミルクを与えた時間やオムツを換えた時間などを記録できるので、大活躍してるんですよね。

育児メモ帳記録を続けていると、妻への引き継ぎだけでなく、日々のミルクの時間帯やオムツ交換の時間帯などが一目瞭然なので大人のリズムとの調節もできます。

例えば、「夕方3:00頃にミルクをあげれば、晩御飯まで寝てくれるな」なんていうのが分かるので、その間に洗濯や片付けができるというような。

体温も1日に一回は測っているので、赤ちゃんの体調判断の目安にもなります。

まあ別に正式なフォーマットの記録帳でなくてもいいと思いますし、新生児を育てているかたは何かのノートにまとめておいたほうが便利です。
もともとこのブログも子育ての記録として更新しておりますが、それなりにメモ帳として役にたっています。

基本的に新生児の頃は体調判断が難しいので、こういった数字的な判断材料に頼る部分が多くなります。

なんとなく元気がない時や、日々の平熱より高い場合など は比較的赤ちゃんの体調が悪いと判断し易いですが、元気そうなのにミルクをあまり飲まなかったりした時。育児の記録を参考に排便具合をみて便秘気味なら排 便を促してやる、というような対処もできますしね。

とにかく雑でもいいから記録はマメにとっておくと便利です。