勉強している子供

2008年01月07日

昨日まで姉の子供(姪)が泊まりに来ていたのですが、昨日の夜に勉強を少し教えてあげました。一応、学生時代に家庭教師のバイトをしていた経験もあるので、久しぶりにドキドキ・ワクワクしながら教えました(≧∇≦)

それにしても、近頃の子供は難しいことも勉強してるんですね。噂には聞いていましたが(^^;)私の小さい頃とは勉強内容も大きく違っているようです。
姪は小5ですが、複雑な計算とか勉強してるみたいで、私も少し勉強・復習しないと分からなかったです(笑)。特に面積の求め方とか公式をド忘れしてました。

今回教えたのは「算数」「社会」などですけど、少し気づいたことが。。

応用が利かないんですよね。子供に限ったことではないですが、答えを求めるあまり、答えにいたるまでの過程が雑なので、頭に残らないんでしょうね。

例えば「A=B」は理解できても、「B=A」が理解できない。

これって学校の教え方が悪いんだと思います。後は、図形の解き方も1つの方法でしか解けない。習っているにも関わらず、参考書の左側の公式に頼ってしまうんです
四角形は「辺と辺」をかければ答えはでますけど、別に三角形を二つ作ってそれぞれの面積を足しても構わないわけです。まあその方が複雑になりますが、「三角形を作って求めてみて?」と問うたところ、案の定解けませんでした(笑)。これでは一時的には覚えても身にはつかないです。

なので、一つの例題を作って、それをいろんな角度から解けるように勉強させました。一応、色んな公式を使うので復習にもなりますしね(^^)今日はテストだったらしいですが、結果はどうだったんだろう・・・。報告が楽しみです。

おっと、久しぶりの家庭教師の話だったので、楽しくて長くなりました。また子育てが落ち着いたらやりたいですね(*^ ^*)今日は育児とは関係のないお話でした。