【要注意】知らなきゃヤバい!気を使わせないための出産祝いを贈る時期

お祝いされる側だって気を使います

産のお祝いなんだから、生まれてすぐにお渡しすればいいんじゃないの?」と思っている方…要注意です!

日頃から親しくしている友人や、お世話になっている方にお子様が生まれたら、真っ先にお祝いしてあげたいと思うのが人情です。別になんの他意もなくそう思うものです。

しかし、出産は女性にとってすごく体力を消耗する出来事です

その辺を念頭に置いたうえで、相手に対して気を使わせないように、出産のお祝いを贈る時期というものを考えていきましょう。

お七夜(おしちや)

産に関連するしきたりの一つに、「お七夜」というのがあります。
これは昔の人が、「子供が生まれてもう七日目。丈夫な子に生まれてよかった」という意味を含めて、生まれてきた子供の健康を祝ったことがきっかけとされています。
親戚や近所の人などを招いて、盛大に命名式などが行われることもありました。

尚、この呼び名の由来に関しては、「七」という縁起の良い数字にあやかってのことなのか、出産後七日目なら先方がある程度落ち着いていると考えてのことなのか、実際のところの由来は分かりません。

少し前までは、このお七夜頃にお祝い金を持参したりするのがマナーとされていて、出産から一週間後に出産祝いを贈っていたようです。

主婦H美さんH美さん

年配の方などは、今でもお七夜に合わせてお祝いを渡すことが多いようです。
さすがに、まだ疲れが残っている本人に渡すというのは避ける風潮になりましたが、それでも古くからのしきたり的なものは残したいという表れなのかもしれませんね。

Bestな時期とは?

気を使わず使わせず。赤ちゃんとママを最優先に!

際のところ、生後七日目といえば、まだまだ母子ともに安静にしていることがほとんどです。帝王切開などでご出産された方などは、まだ産婦人科で入院している場合もあります。

また、出産直後は役所への事務手続きなど、色々と物忙しい時期ですし、新生児は、およそ出生から一か月後にお宮参りを行います。しかも、その時期までに同時進行で内祝いなどの準備もするので、何かと手間がかかります。

以上のことなどから総合的に考えて、産後十日から一ヶ月の間に出産祝いを贈るのが、先方に気を使わず、使わせずというベストな選択なのではないでしょうか。

B作さんB作さん

長期出張中だった私は、出先からプレゼントを贈り、後日お会いした時に、ギフトカードを手渡しでお渡ししました。
状況的にイレギュラーな時期にしかお会いできなかったので、現金よりもギフトカードの方が気を使わせないかなと考えた結果ですが、これは正解だったと思います。

上記のB作さんのように、仕事や体調面などで、適当な時期に出産祝いを贈れないケースも珍しくありません。
そういった場合でも、出産祝いをを贈るということに躍起にならず、まず、先方の状況を確認してみて、それ相応の対応をすることが大事。十分に気持ちは伝わります。

多少タイミングが悪くても、こんな状況でなら許せる出産祝いのパターン(だらだらと実体験編)

友人が事前に送ってくれたメール

の場合は帝王切開。出産直後(確か二日後とか)に古くからの友人が花束を持ってお祝いに来てくれました。もちろん私はまだ入院中だったので、産婦人科まで。心からうれしかったです。

出産祝いのマナーからすれば、産後二日目なんて早すぎるタイミングだと思いますが、手術したといっても、夫さんや家族とは会話できてるわけだし、気心知れた友人なら気を使わなくてもいいのかなと思いました。
あと、義母には頼めないような図々しいお願い(笑)なんかも気軽に頼めたので、ほんと気分だけはすごく楽、帝王切開だったから患部はかなり痛かったんですがね…笑うと響くし。

どうしても早くお祝いしてあげたい場合

は友人から前もってメールで連絡をもらっていました。それに、それほど早くお祝いしてくれる間柄というのは、結局のところ、近しい相手しかいませんし、もともと気にならないのではないかな…。気を使わなければならない相手なら、そもそもそんな早くお祝いに来てくれないと思いますw

実はあの時、「早く誰かに我が子を見てもらいたい」と思っていたんですよね、手術で辛いはずなのに。だからあくまでも私の場合ですけど、逆に早い時期に友人達に赤ちゃんを披露できたことがうれしかったのを覚えています。夫さんは色々な準備やらその他の雑用で忙しかったので迷惑そうでしたが(笑)。

出産祝いの金額や内容にも共通することですが、こういったお祝いの時期などもケースバイケースなんだなと思います。

出産直後に病院に出向くのは普通はタブーとされていますが、前もって身内の人などに母子の容態を聞いたうえで了解をとっておけば、かえって喜ばれるかもしれませんね。

関連記事

ページの先頭へ