【超重要!】出産内祝いのマナー(お返しする時期や注意すること)

お宮参りする女性

祝いとは、慶事などの際に、自分達(内)でお祝いをすることを指します。一昔前までは、何かおめでたいことがあると、ご近所の方や親戚などに、「私達の幸せを貰って下さい」といった意味合いの習慣でした。

ただ、近年では「お祝い返し」とも呼ばれるように、お祝いしていただいたことに対する返礼としての認識が強くなっています。

例えば、出産のお祝いを贈られた側は、出産までにお世話になった方へのお礼や、これからお世話になる方へのご挨拶の意味を込めて、「内祝い」をお返しするのが常識となっています。

お返しする最適な時期・失礼にあたらない期間とは?

本的には、「生後一ヶ月頃まで」に内祝いをお贈りするのが理想です。

この一カ月頃までという期間の意味は、新生児のお宮参りに関連しています。また、内祝いを贈る際の表書きに、赤ちゃんの名前を記入するので、役所への出生手続き等の兼ね合いもあります。

なので、内祝いをお返しする時期としては、出産後の手続きなどが落ち着いた一カ月後というのが常識となっています。

主婦H美さんH美さん

内祝いに贈る品やカタログギフトなどは事前にチェックしておき、予めお祝いをいただけるであろう方のご住所(贈り先)などもメモしておきましょう。

妊婦は臨月期になるとあまり行動がとれなくなるので、時間つぶしに情報収集するのも楽しいですよ。

慌てないために事前にチェックを。贈り忘れは超NGです!

後間もない頃だと、パパもママも各種手続きや、慣れない育児で落ち着かないのが現実です。出産後の行事(しきたり)とはいえ、後でバタバタしなくてすむように、ある程度は内祝いの準備をしておくことが大切ですね。

また、事前に内祝いの準備を進めておくことで、「お返し忘れ」を未然に防ぐことに繋がります。実際、「いざ出産!」の時期に内祝いを選んでいる余裕などは無い場合がほとんどなので、必ず準備しておくようにしましょう!

内祝い出すの忘れてた!

後になって内祝いの贈り忘れに気づいた場合でも、必ずお返しという形ですぐに贈るようにして下さい。その際、前もって余分に用意していた品がなければ、また違うものを準備しなければなりませんが、慌てずに対応しましょう。内祝いの贈れ忘れが一番の失礼にあたります。

出産後に忙しいのは理解していただけると思いますので、仮に内祝いを贈り忘れた場合でも、誠意をもって対応するようにすると、トラブルも少なくなると思います。

アドバイザー

内祝いの贈り忘れ…実は意外と多いです。これは仕事などの事情により、家族(両親等)に段取りを頼んでしまったりすることなどが原因です。
誰かに委任してしまうのはある程度仕方のないことですが、最終的にはご自身で確認するようにしましょう。

これだけは押さえておきたい!出産内祝いの選び方と金額(目安)

祝いの金額の目安は、出産祝いをいただいた金額の半分ほどです。

金銭で受け取った場合には÷2にすればいいので分かりやすいですが、物品をプレゼントされた場合には、金額の判断が難しいこともあります。そんな時は、インターネットでおよその金額を調べるなどして下さい。

また、どれほど高価なものをいただいても、自分達が経済的に余裕のあるようにお返しするようにしないと、本末転倒になってしまいます。
何かと忙しい時期だとは思いますが、心を込めて、自分たちのできる範囲でのお祝い返しを心がけましょう。

忙しい時期だからこそ本気で選んでください。

おすすめの出産内祝い。
やはり人気は定番のラインナップだった!

は、こういう仕来りとか習慣事というのは、定番に従うのがが外れなくて無難だったりします。なので、その定番メニューの中から、自分達の好みで内祝いを選ぶのがベストでしょう。

例えば、年配の方でしたら、タオルセットやティーカップのセットなど。主婦の方には、洗剤の詰め合わせなどの日用消耗品などが喜ばれるみたいです。
ケーキなどのお菓子類も人気メニューの一つですね。赤ちゃんの名前を刻印したりするとお洒落で素敵です。

仲のいい夫婦

私達の場合は、年配の方から出産祝いを頂くことが多かったので、ティーカップとコーヒーをセットでお贈りしました。お祝い金の額が大きかったので、相応のお返しができるか心配でしたが、ブランド物のティーカップを選ぶことでバランスが取れたと思います。

どれにしようか選ぶのが難しい場合は、先方に直接選んでいただけるように、カタログギフトなどをお贈りするのがベストだと思います。最近ではこういったカタログギフトでのお祝い返しが増えていますね。手間もかかりませんし、相手の好みを気遣う必要もありません。

内祝いに関しても、多くの種類があるので、きっと好みに合った内祝いギフトが見つかると思います。

出産を祝っていただいた方へのお礼ということなので、感謝の気持ちを贈るということが何より大事です。
先方に失礼のないように、気持ちのこもった内祝いを心掛けたいですね。

関連記事

ページの先頭へ