保育士との違いについて

保育士との違いについてのメモ

チャイルドマインダーと保育士との違いとしては、まず「資格の違い」が挙げられます。これは別のページで詳しく触れますが、チャイルドマインダーは民間による認定資格、保育士は国家資格という位置づけになります。

次に大きな違いとして、保育士が児童福祉施設(保育園など)に身を置くのに対し、チャイルドマインダーの場合は、自宅を独自開業することが可能ということ。つまり個人事業主であるということです。
例外(※後述)もありますが、一般的にはチャイルドマインダーは保育のために外へ出向くということはしません。

また、一人のチャイルドマインダーに対し、受け持つことができる子供の数は「最大で4人まで」という制限があります。

当然ですが、子供の家庭環境により教育方針もさまざまですし、そういった意味でも4人までという制限は、子供一人ひとりの教育方針に対応できる適切な人数なのです。
子供や保護者の方に親身に相談を受けるという意味では、チャイルドマインダーも保育士も変わりありませんが、より近い立場での保育(少人数制保育)を希望する場合には、保育士よりもチャイルドマインダーが適任と言えるでしょう。
自宅を開放できるということからも、その対応範囲は非常に広いと思います。

前述した例外についてですが、チャイルドマインダーによっては自宅での保育を基本とする一方で、先方の都合に合わせて訪問保育をする場合もあります

開業時から訪問型の事業形態に設定している方はもちろん、普段は在宅保育を事業形態としているチャイルドマインダーであっても、タイミング次第で急な訪問保育の依頼に対応することも可能です。こういった融通が利くのも、個人事業主としてのチャイルドマインダーの魅力の一つと言えるかもしれません。

チャイルドマインダーは個人事業主。開業の前に収入面なども考えておこう!

前の項で少し触れましたが、保育士は公務員、チャイルドマインダーは個人事業主として保育職に携わります。

保育士の資格を得るためには、教育施設などでの研修が必要ですが、チャイルドマインダーは、講座過程修了後に独自開業するということになります。
急ぐ必要はありませんが、講座過程終了までに、在宅保育として活動していくのか、訪問保育として活動する(または保育関連の施設に就職する)のかを予め決めておきましょう。その際、重要なのは、活動していくうえで「自分に無理のない事業計画を考えること」です。時間的な設定や就労日数、収入見込みなどを自分の守備範囲以上に設定してしまうと、必ず心身ともに無理が生じます。
まだ心身ともに未成熟な子供を受け持つ以上、教育側が不安定な状態だと、子供に悪い影響を与えてしまいがちです。それだけでなく、子供を伴った大きな事故につながる可能性もあるので、十分気をつけるようにしてください。

また、収入面では、保育士に比べるとチャイルドマインダーのほうが多少有利かもしれません。

保育士の給料は地方公務員の初任給の8割程度が一般的です(※)が、個人事業主として活動する場合のチャイルドマインダーは、独自に報酬額の設定が可能です。つまり個人事業である以上、基本的には『収入=実績(案件数)×報酬額』となり、保育士の給料に比べると、計算上は収入面で勝ります。

ただ、報酬額は地域の他の福祉施設などを目安に設定するのが現実的ですし、案件数(子供の数)を増やすのも、子供と接するのが好きな方であっても、体力的になかなか難しいものです。あくまでも設定次第でどうにでもなるという解釈で、収入面では参考程度にとどめておいた方が無難かと思います。

そういった兼ね合いも含め、チャイルドマインダーの資料や、インターネットの情報などを参考に、ご自身のスタイルに一番合った設定を考えましょう。


※注釈:地域や勤務時間によって変わります

このページの先頭へ