資格の特徴

現在、日本ではチャイルドマインダー資格は「認定資格」とされています。したがって、チャイルドマインダーの資格それのみで、公的な機関で保育従事者として働くことは基本的にはできません。

資格の勉強をする女性

職業の形態としては、自宅や空いたスペースを開放することによる家庭的保育を基本としています。または、ベビーシッターのように、先方宅に出向いての訪問保育を行う場合もあります。「保育園とベビーシッターの保育形態を併せ持っている」とイメージすると、理解しやすいかもしれません。

後述しますが、チャイルドマインダーは保育に携わる個人事業主として活動していくことになります。なので、在宅か訪問か、または臨機応変に対応できる保育形態にするのか等の設定は、チャイルドマインダー自身が決めることが可能です。

また、チャイルドマインダーは、保育園等の児童福祉施設のように、多人数の子供を対象とした保育はしていません。チャイルドマインダー1人が受け持つことのできる子供の数は、「0歳児では2人、1歳児では3人、2~4歳児では4人まで」と定められています。

「家庭的保育」の意義の一つとして、子供の個性を尊重し自立心を促す保育、というのがあります。そういった意味で、子供一人ひとりの細かなところまで目が行き届く、合理的な人数といえるでしょう。

少人数制の保育という点においては、ベビーシッターと同じですが、チャイルドマインダーの場合は、預託された子供に対して、しつけや教育、子供の健康管理などもおこないます。保護者とのコミュニケーションを密にし、その家庭環境に準じた保育を行うという点では、まさに「その子供の親がわり」といえるかもしれませんね。

職業形態としては概ね以上のような特徴を持ちますが、ここで、個人事業主としてのチャイルドマインダーについて、少しお話します。

他の保育施設などで働くケース以外では、チャイルドマインダーは個人で事業を展開していきます。営業活動や保育形態の設定、料金設定におけるマーケティング調査など、あらゆる経営面での取り決めを、自分の意思で決めることができるようになります。副業としてならまだしも、本格的にチャイルドマインダーとして生計を立てていく予定なら、経営面での設定はより一層シビアに考えなくてはなりません。

ただ、こういったことは経営者なら誰もが考えることであって、それほど難しく考える必要はありません。逆に、経営方針を自分で設定できるということは、言い換えれば「自由」だということです。

例えば、日中時間が取れない方であれば、夕方から学童保育的に預かるとか、平日夜間のみ数時間預かるなど、ご自身の生活スタイルに応じて自由に設定すればいいのです。

まずは、チャイルドマインダーとして活動していくうえでのスタイルを大まかにイメージし、希望収入額から逆算していくと、自ずと料金や時間などの設定は決まってくるはずです。

近年では時間外でも子供を預かる保育所も増えてきましたが(延長保育)、基本的には公的な児童福祉施設は、夕方までの預かりとなっています。そういった時間外の預託児童にも対応できるというのは、チャイルドマインダーだけでなく、預ける側の保護者としても、大きなメリットがあるのではないでしょうか。特に、日々家事に追われている主婦の方であれば、自分の時間を有効的に使えるようになるのも魅力ですし、チャイルドマインダーという資格を得ることで、その知識がご自分の子育てにもきっと役立つことと思います。

実は、チャイルドマインダーの本場であるイギリスでは、すでに国家職業基準資格として認知されており、その需要と認知度も非常に高いことで知られています。日本では、まだ一般的な認知度は低いのが現状ですが、今後共働きの家庭が増えていくにつれ、チャイルドマインダー資格が国家資格となるほどに注目されても不思議ではありません。

チャイルドマインダー資格を取得するには? 受講資格など

受講資格など

当然のことながら、チャイルドマインダーを養成するための講座を受講するのが一般的です。専門的な講座を受講することで、充実したカリキュラムによる、チャイルドマインダーとして活動していく上での必要な知識を、効率的に得ることができます。
日本では、NCMA,Japanやヒューマンアカデミーなどが広く知られていますね。

チャイルドマインダーの養成講座に関しては、別のページでも取り扱っていますので、ぜひそちらもご参照ください。

資格の取得手段は、専門的な学校に通って学習する方法と、自分のペースで学習できる通信講座が用意されています。また、チャイルドマインダーの資格には年齢制限がないので、体力と気持ち次第で長い活躍が期待できる資格の一つです。
家庭的保育に関しての専門的な知識を得ることができるため、チャイルドマインダー経由で、保育士や教員免許を取得するというパターンも多いですね。すでに有資格者の方(保育士や幼稚園教諭等)でも、更なるスキルアップのために、養成講座を受講することもあります。

カリキュラムについては各養成講座によって多少異なりますが、課程修了までおよそ半年ほど、時間にして60時間程度が平均的です。詳しくは、養成講座の資料などを取り寄せるなどして検討してみて下さい。

このページの先頭へ